新亜光学工業株式会社の社風を知るとより好きになるはず

精密機械製造のスペシャリスト新亜光学工業株式会社の社風

>

新亜光学工業株式会社が行う仕事と職場環境について

研究や開発の仕事は

カメラ部品をはじめ、精密機械製造のスペシャリスト集団の新亜光学工業株式会社。大学や大学院で工学系の勉強をしている人なら、その経験を大いに活かせるはず。

研究開発の仕事をする場合、既存の技術をより高いレベルへと仕上げるようにします。また、特許申請も積極的にしており、それに見合う発明をするスキルが求められます。新亜光学工業株式会社は長年光学分野の第一線で活躍しているうえ特許取得実績があるため、仕事を進める際にかなりの緊張感を要するかもしれません。し

かし、先輩がフォローをしてくれるので安心です。仕事のスキルが高まり、信頼を得られると光学製品に関して語り合うこともできるはず。賢く活かせると、自分もその道のスペシャリストになれるでしょう。

ニーズに合うアイデアを出すには

カメラ技術は日々進化をしており、そのニーズに合う商品開発をすることが欠かせません。とはいえ、研究や開発職の社員だけで進めても、考えに偏りが生じかねません。

新亜光学工業株式会社は、製造や営業、物流など他部署の社員から出たアイデアを積極的に採用しています。上手に調整をしながら、商品開発に繋げます。そのため、他部署の人とも円滑なコミュニケーションをとるためのスキルは求められます。なお、社内で光学系の勉強会を設けており、積極的に参加をするのもオススメします。

アイデアを出すためには自分で研究することも欠かせません。雑誌やテレビ番組などを通じて情報収集を行う作業は要ります。日頃から商品開発におけるイメージを抱ける人は、長く仕事をしやすくなります。自分のアイデアが商品として形に残り、特許申請もできれば、得られることは多いでしょう。