新亜光学工業株式会社の社風を知るとより好きになるはず

精密機械製造のスペシャリスト新亜光学工業株式会社の社風

>

輸送を自社でしている理由とは?

輸送を自社社員が行う理由

シャッターユニットをはじめ光学製品の製造を行う新亜光学工業株式会社は、商品の輸送をする際に万全な対策をします。

車内の湿度や気温にズレが生じれば、さまざまな不具合が発生するリスクが出ます。ちなみに湿度が50パーセント以上だと錆や腐食が起こりやすいです。40パーセント以下で乾燥した状態なら静電気が発生しやすくなります。特に電子系の製品であれば回路の破損を起こす可能性が増し、商品での利用が難しくなる場合も。

他には、輸送時の衝撃や振動によるダメージを受けると、破損の原因になりかねません。輸送をする際は細かな部分まで配慮が欠かせませんが、荷物の積み下ろしをスムーズにしたり、衝撃の対策図ったりするための対策もします。1度の輸送では、可能な範囲でカメラ系の製品など決まった光学製品だけを届けるようにしています。

物流の仕事は奥が深い

新亜光学工業株式会社は、光学製品を輸送する際、トラックや船舶を用いて行います。免許取得が必要な時はサポートを受けることができるので、積極的に利用してください。

輸送の仕事は、商品をお客さんに届ける以外に検品や仕分け作業もします。また、故障を防ぐための梱包や届け先の間違いをなくすためのラベル貼りも。一つひとつ細かい作業は多いですが、作業効率を高めたり業務の質向上を図れたりできる人はやり甲斐を感じやすくなるでしょう。

また、新亜光学工業株式会社は海外にも取引先があり、外国人のお客さんと接客をする機会も出ます。外国語のスキルがあるうえ、外国人とコミュニケーションを図るのが好きな人なら、仕事を通じて活かせる部分は多くあります。また、お客さんの悩みや疑問を上手に汲み取ることができると、精密機械製造をする時にプラスに作用するのではないでしょうか。